考察覗き魔

考察覗き魔

ダークソウルシリーズに関する考察

【ダークソウル】邪教・アルトリウス大剣特攻についての調査

久々に書けそうだったので書きました。

今回は無印ダークソウルにおける"邪教武器"と"アルトリウスの大剣"によるボーナスダメージ(以下邪教特攻、深淵特攻と呼びます)について調べました。

 

1.前提

まず、邪教特攻と深淵特攻について、テキストで確認します。

暗い種火

武器を進化させるために必要な種火
暗い種火は永く教会に秘匿される禁忌であり
それを知る鍛冶は誰も生きてはいない

+5の神聖の武器を、邪教の武器に進化させる
(邪教の武器は+5まで強化できる)

邪教の武器は神狩りの武器であり
神の一族やその信徒たちに有効となる

 武器に邪教属性を付与できる暗い種火のテキストによれば、邪教は神やその信徒に有効だそうです。具体的には以下が対象になっています。

・グウィン

・グウィンドリン

・オーンスタイン

・銀騎士

・黒騎士

・巨人衛兵

・etc...

 つまりは、神といってもニトやイザリスの関係者は含まず、グウィンの血縁やその騎士たちに限定されるようです。ちなみにグウィンの四騎士である王の刃キアランには邪教属性が有効ではありませんでした。

ちなみに、邪教派生をせずとも、武器に邪教属性が付与されているものもあります。

・ダークハンド

プリシラの短剣

・ベルカの刺剣 

 以上の武器には邪教属性が付いています。

 

続いて、アルトリウス大剣についてですが、これについては以前の記事で詳しく書いたので割愛します。

engankyo.hatenablog.com

 

 2.準備

さて、タイトルには"調査"とありますが、何を調べたいのかといいますと、無印ダークソウル攻略本のこの記述

f:id:yasaiprpr:20201023121929j:image

と、無印seesaa wikiこのページの記述

f:id:yasaiprpr:20201023122118j:image

これの邪教やアルトリウスの大剣についての記述が正しいのか疑問だったので、いざ自分の目で確かめようと思った次第です。

今回調べるために、まず深淵特攻については、
アルトリウス大剣と同程度の物理攻撃力にしたクレイモアと、同程度の魔法攻撃力にした月光の大剣を用意しました(上で引用した記事の時に作成したもの)、

邪教特攻については、魔法属性が入っていると大変なので、
プリシラの短剣と、それと同程度の物理攻撃力にした暗銀の残滅を用意しました。

注意するべきことは、武器の補正を考慮して、装備時の表示攻撃力を見ることと、"標準","斬撃","打撃"などの攻撃属性を揃えることです。

 

 3.測定

用意した武器で、ダークレイスや黒騎士に対して有意にダメージが増加することを確認した後、以下を対象にダメージ測定を行いました。

・闇霊 トゲの騎士カーク @最下層

・闇霊 トゲの騎士カーク @デーモン遺跡

・闇霊 聖騎士リロイ @巨人墓場

・白霊 聖騎士リロイ @地下墓地

・闇霊 侵入プレイヤー (誓約:ダークレイス+1)

・復讐霊 侵入プレイヤー (誓約:暗月の剣+1)

 友人に協力してもらい、プレイヤーの侵入霊に対しても測定を行いました。
白霊のリロイについては、私が闇霊として召喚してもらうことで測定をしています。

 

4.結果

結果として、トゲの騎士カークは、最下層,デーモン遺跡のどちらでも深淵特攻が有効であることが確認できました。加えて、聖騎士リロイは闇霊,白霊のどちらでも邪教特攻が有効であることが確認できました。

結果を以下の表にまとめました。

f:id:yasaiprpr:20201023093146p:plain

以上より、「カークはアルトリウス大剣が有効である」「リロイには邪教属性が有効である」という攻略本の記述は正しいことが分かり、「復讐霊には邪教属性が有効かもしれない」というwikiの記述は誤りであったことが分かりました。

5.考察

結果を踏まえて、データの考察を行いたいと思います。
つまり、何故カークにはアルトリウス大剣が有効で、リロイには邪教属性が有効なのかを自分なりに考えてみます。

まず聖騎士リロイについて。彼は闇霊,白霊問わず邪教属性が有効でした。
邪教の武器は「神の一族やその信徒たちに有効である」との記述から、このリロイは「神の信徒」であるが故に邪教属性が有効となったと考えるのが自然です。
しかし他の「神の信徒」と呼ばれる人たちはどうでしょうか?
白教の信徒であるレアやニコ、ヴィンスには邪教属性が有効ではありませんでした(当然ペトルスも!)。直接神に見え、誓約を結んでいるはずの暗月の女騎士であっても、邪教属性は有効ではありませんでした。

聖騎士の兜

地下墓地の聖騎士、リロイの兜

はるか昔、白教に最初に生まれた不死
黄金の鎧に身を包む聖騎士だったという

聖騎士は二つの宝具、グラントとサンクトゥスを携え
神々の地ロードランの探索に旅立った
白教の不死の使命のはじまりである

 聖騎士リロイが神の一族ならば話は別ですが、「不死」とテキストに記述されていることから、彼は人間だろうと考えられます。しかし”はるか昔”の人物ということですから、神の力の影響も濃く信仰によって神に近い力を得たのかもしれません。

次に、トゲの騎士カークについてです。上で引用した記事にあるように、アルトリウスの大剣は闇の眷属、特に世界蛇に関係する存在に対して有効でした。

トゲの兜

悪名高いダークレイス「トゲの騎士」カークの兜
表面にびっしりと鋭いトゲが生えている

この禍々しい兜を装備してローリングすれば
そのまま攻撃となり、敵にダメージを与える
まさに、皆殺しのカークに相応しいものだ

 

装備のテキストによると、カークはダークレイスだそうです。 ただの闇霊をダークレイスと称している可能性は高いですが、世界蛇の力を受けた狭い意味でのダークレイスであるならば、アルトリウスの大剣が有効であることが説明できます。

しかし、ダークレイス誓約をしているプレイヤー闇霊に深淵特攻が有効でないことや、「カースは混沌の娘と誓約を結んでいたのでは」といった考え方もあるため、ダークレイスであるから深淵であると決めつけることは難しいです。

興味深いことに、ダークソウル3ではトゲの騎士カークと全く同じ装備をした「中指のカーク」が闇霊として登場しますが、深淵の存在に有効な狼騎士の大剣を彼に振っても、特攻ダメージはありません。
深淵の存在でなくなったのは、誓約対象をロザリアに変えた影響なのか、そもそも同一人物なのかもわかりませんが一考の余地のある面白い点だと思っています。

 

おわりに

 「ほんまにそれ正しいんかワレェ」の精神でいろいろ調べましたが、統一的に「○○だから深淵!」「××だから邪教が有効!」と結論付けることが難しい結果になりました。

邪教や深淵に関する理解を深めることは多くの考察に影響すると思うので、掘り下げていくと面白いかもしれません。

【ダークソウル】黒教会を探したい!

今回は黒教会についての記事を書こうと思います。

・黒教会とは

黒教会とは、老人と亡者の国と呼ばれるロンドールの建物および集団の名称です。
黒教会の創始者にはエルフリーデ、ユリア、リリアーネの三人がおり、彼女らは世界蛇の娘と呼ばれています。
ロンドールと黒教会はダークソウル3にエンディングの一つにも深く関わる重要な存在ですが ーアイテムが多いにも関わらず!ー 謎が多い集団です。
細かい話は置いておき、とにかく黒教会を見つけたい!

モーリオンブレード

黒教会の尖塔を模した異形の剣
八つの枝刃と無数のトゲを持ち、出血を強いる

また黒教会の祝福は使用者の危機を喜ぶといい
HPが大きく減ると、攻撃力を一時的に高める
異形の姿に相応しい、呪われた剣であろう

モーリオンブレードのテキスト曰く、黒教会は八つの枝を持ったような尖塔を備えているようです。
このほぼ唯一といえる外見的特徴を頼りに、ロードランからロスリック、はたまたボーレタリアからヤーナムの果てまで黒教会を探した人は少なくないのではないでしょうか。攻略、対人、黒教会探しと、ダークソウルのメジャーな遊び三本の指に入りますね。
私も一般ダークソウルプレイヤーなので、よく黒教会を探しにいきますが、ダークソウル3が発売されて何年経ったでしょうか、世界中のプレイヤーが探しても「これぞ黒教会!」というものは見つかっていません。(見つかっていないと思います)
私は、黒教会の尖塔をむやみやたらに探すのではなく、ロンドールの情報から絞っていく作戦を決行しました。

・ロンドールとカリム

まずは2つのテキストを見ていただきましょう。

解呪石(dark souls3)

小さな頭骨が溶け込んだ灰色の石

呪いの蓄積を減らし、亡者状態を解除する。

亡者の国ロンドールの秘宝であり
彼らが自らを偽るときに使用する

ときには、その偽りを自分と信じ
亡者を捨てる裏切り者もいるという

解呪石(dark souls)

半ば頭骨が溶け込んだ灰色の石
カリム伯アルスターの秘宝の1つ
呪いの蓄積を減らし、呪死状態を解除する

人は呪いに対し無力であり
それを逸らすことしかできない

解呪石もまた、呪いを逸らす先でしかなく
それは人、ないし人だった何かなのだろう

ダークソウル3では、解呪石はロンドールの秘宝とされていますが、ダークソウルでのテキストにはカリム伯アルスターの秘宝とされています。
ロンドールとカリムには繋がりがあるのでしょうか。
カリムといえば、ダークソウルで登場する"カリムのオズワルド"もカリムの人物です。オズワルドは罪の女神ベルカ教戒師です。
偶然か意図してなのか、このオズワルドの装備は黒シリーズ(黒の聖職衣、黒のマンシェット、黒のタイツ)であり、ロンドールのユリアの黒シリーズ(黒のドレス、黒の手甲、黒の足甲)と重なるものが在ります。
この教戒師とロンドールのユリア、どちらも卓越した剣士という共通点があります。

ベルカの刺剣

罪の女神ベルカの教戒師が身に帯びる
象徴的な意味合いの強い刺剣

だが、それは単なる象徴に留まらず
魔力を帯びた刀身と、独特の剣技により
教戒師はまた卓越した剣士でもある

闇朧(dark souls3)

ロンドールのユリアの得物
見えぬ刀身を持つ魔剣

黒教会の指導者の一人であるユリアは
卓越した剣士であり
この一振りで百の騎士を葬ったという

・ロンドールとベルカ

カリムの教戒師から派生して、ロンドールとベルカの関わりについて整理します。
ロンドールとベルカの繋がりを匂わせるテキストといえばまず、沈黙の禁則でしょう。

沈黙の禁則(dark souls)

黒髪の魔女ベルカが伝える秘儀
効果範囲内ですべての魔法が使えなくなる

罪の女神は異端であるが
古今あらゆる秘儀に通じており
神々の中でも強い影響力を持つと言われる

沈黙の禁則(dark souls3)

ロンドール黒教会の奇跡

自分も含め、周囲にいる者の魔法を封じる

黒教会の者たちは、皆卓越した剣士であり
ロンドールの沈黙はいつも彼らと共にある
そして剣だけは、決して裏切らない

無印ダークソウルではベルカの秘儀として伝えられていた沈黙の禁則ですが、ダークソウル3ではロンドールの奇跡として伝わっています。
また、エレーミアス絵画世界にベルカの鴉人と呼ばれるエネミーがおり、ベルカはカラスと関連付けられることもあります。ユリアの頭装備は嘴の仮面であり、この嘴がカラスのものを指しているかは分かりませんが、黒装束のクチバシという点がカラスを想起させます。

嘴の仮面

ロンドールの黒教会、三人の指導者たちの装束
嘴の仮面は次女ユリアのもの

彼女たちは世界蛇の娘であり
黒教会の創始者としても知られている
すなわち亡者の救い手として

さて、先ほどテキストを示したベルカの刺剣ですが、この武器は神族に対して特攻を持つ邪教属性を持っています。
この邪教属性は、無印ダークソウルでしか登場しない属性ですが、ベルカの刺剣の他にダークハンドもこの属性を持っています。

・ロンドールと世界蛇

ダークハンド(dark souls)

カアスに唆された、ダークレイスたちの業
闇のソウルにより人間性を奪う吸精の業をなし
また特殊な盾ともなる

偉大なる古の者ともなれば、人間性溢れる聖人とて
一度にすべてを奪い取ることができるだろう

ダークハンドはカアスたち世界蛇の業であり、ロンドールもまた、この業を扱います。嘴の仮面のテキストにあるように、ユリアを含む黒教会の創始者たちは世界蛇の娘と呼ばれています。

カアス、貴方の遺志を・・・
(ロンドールのユリア)

ユリア殺害時のセリフから、黒教会の創始に関わってた世界蛇はカアスであることが分かります。
黒教会はカアスとも深く関わっており、これもロンドール捜索の手がかりとなります。
ここで、カアスと関わりがあったであろう、とある国について考えます。

貴公も、おそらく目にはしているだろうが
友アルトリウスを蝕んだ深淵の闇は
いまやこの国、ウーラシールを飲み込もうとしている


・・・おそらく、滅びは避けられまい
だが、たとえ、闇の蛇に唆されたとて
彼らは自ら望み、あれを起こし、狂わせたのだ


・・・滅びは自業というものだよ...
(鷹の目ゴー)

・ロンドールとウーラシール

深淵に堕ちた国ウーラシールは、闇の蛇に唆されたことがキッカケで古い闇を呼び起こしてしまったのだと、鷹の目ゴーは伝えてくれます。
闇の蛇がカアスであるとは明言されていませんが、もう一つの深淵に堕ちた国「小ロンド」の深淵の原因がカアスであることから、ウーラシールの原因もカアスであると推測されます。
さて、ウーラシールとロンドールの関わりですが、ロンドールの関連人物であるロンドールの老婆というNPCがウーラシールの魔術を使用します。

擬態(dark souls3)

古い黄金の魔術の国
ウーラシールの失われた魔術
場所にふさわしい何かに変身する

それはかの国の正式な魔術ではなく
ある少女が悪戯に生み出したものだという
宵闇の森で、ただ孤独を癒すために

擬態という一つの魔術の細い繋がりに過ぎませんが、確かにロンドールとウーラシールには接点があると言えます。
ところで、ウーラシールは無印ダークソウルで登場する国ですが、ダークソウル3で登場する輪の都とウーラシールには繋がりがあったようです。

古めかしい平服

古い魔術の国の平服
黄金の飾りは僅かな魔術を帯びているが
本来、戦いのための装束ではない

遥か昔、ある使節団が輪の都を訪ねたとき
唯一残った若者が
記録上最後の、教会の槍になったという

輪の都には、ウーラシールらしき足跡が多数存在し、かつてウーラシールの使節団が訪れたことが想像されます。

・ロンドールと輪の都

ウーラシールと繋がりのあった輪の都ですが、この輪の都ともロンドールは接点があります。

f:id:yasaiprpr:20200820023448j:image

図 モーリオンブレードと契りの剣

契りの剣

ロンドールの儀式剣
武器としては装備できない

契りの儀式により
真の亡者の王が生まれるという

伴侶の名はアンリ
霊廟の最奥で、王を待っている

この契りの剣は、火の簒奪者エンドで必須となるアンリとの結婚に必要なアイテムです。契りの剣と輪の都にどのような繋がりがあるのでしょうか。

f:id:yasaiprpr:20200820023437j:imagef:id:yasaiprpr:20200820023441j:image

図 フィリアノール教会とその尖塔


図に示した輪の都のフィリアノール教会を見てみると、尖塔に特徴的な形をしたモノがあります。
なんと、契りの剣と同じ形をしています。
言い換えれば、契りの剣は輪の都の建物の尖塔を模しているということも出来ます。

黒教会特定のほぼ唯一の手がかりであったモーリオンブレードですが、これは黒教会の尖塔を模したとされる剣です。
モーリオンブレードも契りの剣も、教会の尖塔を模した剣だとすれば、これ以上ない共通点と言えるでしょう。
    

・まとめと妄想

以上では、テキストを中心に黒教会に関連する事実を整理しました。「結局、黒教会ってなんなんだい!」という話になるので、自分なりの妄想を記しておきます。

・ロンドールはカリム ?

上で示したように、カリムとロンドールには接点がいくつも見つかりました。そのため、ロンドール建国はカリムの陣営が関わっていたのではないか、という妄想です。
ユリアの得物である闇朧のテキストを確認すると、”この一振りで百の騎士を葬ったという”といった記述があります。ロンドールは亡者の王を求め、不死人たちの国を求めています。ユリアは不死人を良しとしない騎士たちと争っていたのではないかと推測できます。

不死狩りの護符

不死人狩りの道具
一定時間、効果範囲内のエストによる回復を禁じる

かつて不死人狩りを率いたロイド騎士の遺産
白教の主神ロイドの信仰は廃れて久しく
その狩りの業だけが受け継がれている
不死の回復だけを封じ、正々堂々と戦うのだ

白教のロイド騎士たちはかつて不死人を行っていたことが分かります。無印ダークソウルでは王の刃キアランも護符を使用するので、おそらく当時は正当な行為だったのだと思います。
しかし白教のロイド信仰は廃れていったようです。

ロイドの剣の指輪

白教に仕える騎士たちに与えられる指輪
主神ロイドの法の剣を象っている

HPが最大のとき、攻撃力を一時的に高める

だが白教のロイド信仰は、今や廃れて久しい
カリムの司祭たちは声高に主張する
ロイドは傍系にすぎず、主神を僭称したのだと

「ロイドはダメだぞ!」と主張した集団こそがカリムでした。
イリーナやイーゴンを見る限り、白教信仰自体は失われていませんが、"不死人を狩るロイド騎士に対する反抗勢力がカリムから生まれ、黒教会の源流となった"、そんな風に考えても面白いかもしれません。それこそカリムの異端のベルカ信仰が黒教会を生み出したのかもしれません。

モーンの兜

カリムの騎士に与えられる異形の兜

大司教使徒モーンを象ったものであり
特に兜は、司教座に並ぶ石像の頭部そのものである

カリムの騎士は、生涯一人の聖女に仕えるという
かつてモーンが、ある女神に仕えたように

モーン装備には、

「カリムの騎士は、生涯一人の聖女に仕える」

といったテキストもありますが、エルフリーデの騎士ヴィルヘルムもカリム騎士だったなら、フリーデに最後まで仕えようとしていたことも納得できます。
しかし、契りの剣と輪の都に関して、この仮説では説明できないので不十分であると思っています。

・ロンドールは輪の都 ?

輪の都=ロンドールと書いてしまっていますが、違うと思います。
正確に言えば、輪の都の崩壊のさらに未来に、ロンドールが生まれているのではないだろうか、という仮説です。
ロンドールが輪の都と密接であれば、契りの剣や魔術"擬態"の説明が簡単にできます。

f:id:yasaiprpr:20200820100958j:image

 図 輪の都の崩壊 

フィリアノールの目覚めの後、輪の都は崩壊します。崩壊した世界に、しかし、ロスリックとアノール・ロンドらしき影を遠くに確認することができます。
当然、輪の都は吹き溜まりから移動する場所であるため、ロスリックは崩壊しているはずです。
時系列を考えると、果てしなく複雑になってしまうため、輪の都が崩壊しているとき、ロスリックは残っている!という事実だけを確認してください。

f:id:yasaiprpr:20200820101002j:image
f:id:yasaiprpr:20200820101005j:image
f:id:yasaiprpr:20200820100954j:image

図 ダークソウル3オープニング一部抜粋


ダークソウル3のオープニングを確認すると、崩壊したアノール・ロンド、イルシール荒れた砂地を歩く巡礼者たちその頭上にはロスリック城
崩壊して世界が砂に飲まれた状況であってもロスリックは存在している。これはフィリアノール目覚め後の状況と一致します。
巡礼者の存在は、謎が多く、適当なことは言えませんが、ロンドールの手先としてロンドールのヨエルロンドールの老婆が巡礼者の姿で登場します。崩壊した世界の生き残りが、巡礼者としてロスリックに向かっていたのかもしれません。
(何が過去で、何が未来か、そもそもループしているのではないか? 時間の常識を一度捨ててしまえば、こういった妄想もありかもしれませんね。でも百も騎士がいなさそうだなあ。)

おわりに

今回は黒教会についての情報整理を目的に書き始めました。初めは”小ロンド遺跡の建物の尖塔”や”不死教会の尖塔”、”エレオノーラって建物の尖塔みたい!”みたいな話もしようと考えていたのですが、自分の中でまとまりがついてしまったので、ここでおしまいにしようと思います。
黒教会は、
・テキストが多い
・これだ!というものが無い
というワクワク考察コンテンツなので、様々な仮説が立てられて面白いと思います。

 

ありがとうございました。

【ダークソウル】繋げていこうダークソウル事件歴【考察】

※7/28追記あり

 

今回の記事は、ダークソウルの世界の事件や建物の成り立ちからダークソウルの時系列を紐解いていこう。という目的です。

ロードランでは時間が淀み歪んでしまっているため、過去から未来の一本の時間軸に乗った世界とは言えませんが、ある程度因果関係は成り立っているはずなので、時系列を考えてみればきっと楽しい。そう考えます。

まずは、時系列を考える上で押さえておきたい要素について雑にまとめておきます。

・火の時代の興り

岩と大樹と古竜のみがあった世界に生まれた「はじまりの火」。

この火の闇から生まれた神々と人々は古竜に打ち勝ち、火の時代を手に入れました。
ちなみに・・・火の時代は「はじまりの火」が生まれてからの時代を指すのではなく、グウィン達が古竜に勝利してからの時代を指します。

神々の要請に応じ、竜狩りに列した古い人たちは大王グウィンに輪の都を与えられました。 

輪の都は『ダークソウル3』では荒廃しきった都ですが、かつてはある使節団が来ていたようです。

【古めかしい平服】

古い魔術の国の平服
黄金の飾りは僅かな魔術を帯びているが
本来、戦いのための装束ではない

遥か昔、ある使節が輪の都を訪ねたとき
唯一残った若者が
記録上最後の、教会の槍になったという

「古い魔術の国」や「黄金の飾り」から、この使節団はウーラシールからの物であると想像できます。

 

・ウーラシールについて考えよう

光を操る魔術の国でしたが、闇の蛇に唆され古い人の墓を暴き、街や住人は深淵に落ちてしまいました。深淵を止めるため「深淵歩き」のアルトリウスがウーラシールへ向かいましたが、闇のない彼は深淵に飲まれてしまいました。深淵の主であるマヌスは、先の時代から現れた名もなき英雄に倒され深淵の拡大は抑えられました。

小ロンドの王に仕えた騎士「ダークレイス」、その『ダークレイスの狩人』として知られているのが「深淵歩き」のアルトリウスです。

 

・小ロンドについて考えよう

上でも書いたように、ダークレイスとは小ロンドの王に仕える騎士です。
小ロンドの王が闇唆しカアスによって深淵に落ち、その騎士も生命喰いの力を手にしました。

小ロンドは街ごと水の下に沈められ、ダークレイスたちは封印されました。

さて、この封印された小ロンドの王「四人の公王」はかつてグウィン王に見え彼のソウルを分け与えられています。公王たちはグウィンの居城であるアノール・ロンドへ赴いたのでしょう。

 

・アノール・ロンドについて考えよう

アノール・ロンドは火の時代を興した大王グウィンを中心として作られた都です。

f:id:yasaiprpr:20200531174427j:image

かつては栄華を極めた都だったのでしょうが、火が陰った『ダークソウル』の時代ではほとんどの神々はこの地を去り、残ったのは偽りの王女と暗月の神、狂気に飲まれた白竜くらいです。

『ダークソウル』において、我々選ばれし不死はアノール・ロンドへ至り、王女からグウィンの後継たる証「王の器」を授かり火継ぎを進めることとなります。

ここで、アノール・ロンドへ至るためには過酷な試練を乗り越える必要がありました。

 

・神に出会いたいアナタ必見 神への道のススメ

火継ぎのための王の器を得るために、選ばれし不死はアノール・ロンドへ向かう必要があります。

それに加え、小ロンドの王たちもアノール・ロンドのグウィン王に直接出会い王のソウルを分け与えられていました。
「アノール・ロンドへの道」とされる方法が2つあります。

1つ目は「センの古城の試練」。これは初代の『ダークソウル』において、プレイヤーがアノール・ロンドへ行く手段であり、馴染みのあるものです。

そしてもう1つが、「ウーラシールの試練」です。

f:id:yasaiprpr:20200531180042j:image

     試練の戦い

【臆病者の紫水晶

オンラインプレイ専用アイテム
「試練の戦い」から離脱する
(ホストが離脱するとセッションは解散する)

その戦いは古来アノール・ロンドへの道であり
既に管理者なく、その本分が失われた今でも
離脱するものは臆病者の誹りを免れない

故に、この紫水晶は軽々に使用すべきではない
仮りそめでも、戦いに意味を求めるならば

ウーラシールで行われる「試練の戦い」(2の「死合」や3の「不死の闘技」のようなもの)から離脱するためのアイテムが「臆病者の紫水晶」です。

テキストにあるように、かつて「試練の戦い」はアノール・ロンドへ至るための手段であったそうです。

以上より、アノール・ロンドへ行く手段としてセンの古城の試練試練の戦いの2つがあることがわかります。

さて、センの古城には守護者としてアイアンゴーレムがボスとして存在していますが、このゴーレムは神々によって作られていることがテキストからわかります。

 

【竜骨の拳】

センの古城の守護者として
アノール・ロンドを目指す英雄たちを屠ってきた
アイアンゴーレムのソウルから生まれた武器

神々は、古竜の大骨にソウルの魔力を融合し
もって強大なゴーレムの核としていたのだろう

 

多くの神々が去り、大王グウィンも居なくなってしまったアノール・ロンドですが、火継ぎの使命は引き継がなくてはいけません。

管理者が必要なウーラシールの試練に対して、管理が必要ないシステムとして作られたのがセンの古城の試練なのかもしれません。

 

ここまでは準備段階で、ここから今回書きたかったテーマです。

 

・混沌と、センの古城と、二つの鐘

『ダークソウル』でお馴染みのセンの古城によるアノール・ロンドへの道について考えてみましょう。

我々不死がアノール・ロンドへ向かう道筋は大体以下の通りです。

①上下にある二つの鐘を鳴らしてセンの古城への道を開く

②センの古城の試練を越える

③ゴーレムを討ち、蝙蝠羽のデーモンによってアノールロンドへ運ばれる。

 ここで「二つの鐘」について思い出してみます。

まず「上の鐘」は城下不死教区にある教会にあります。
この教会の鐘は「鐘のガーゴイル」によって守られています。

ガーゴイルの兜】

不死教会の鐘楼で目覚ましの鐘を守っていた
魔法生物ガーゴイルの兜

ガーゴイルの皮膚は元より硬く
この青銅の兜は装飾でしかなかった
高い防御力は期待できないだろう

 ガーゴイルはアノール・ロンドでも登場します。また、不死教会にあるエレベーターを見てみると、アノール・ロンドにもある紋章を見つけることができます。

f:id:yasaiprpr:20200531172625j:image

     不死教会のエレベーター

f:id:yasaiprpr:20200531180508j:image

     アノールロンドにある紋章

このことからわかるように、不死教会の設立にはアノール・ロンドが関わっていると推測されます。

センの古城にアノール・ロンドの神々が関わっていることから、不死教会にも神々が関わっていることは当然のように思えますが、ここでアンドレイの興味深いセリフを紹介します。

ここは古い教会だ

あんたの通ってきた不死教会は、ここを棄てて建てられたんだ

だから、ってわけでもないが、ここは2つの古い禁域につながってるセンの古城と、黒い森の庭だ

どっちも、まともな奴が訪れる場所じゃあない 

(アストラの鍛冶屋アンドレイ)

 アンドレイの居る場所は不死教会よりも古い教会で、それ故に古い禁域に繋がっているそうです。セリフの解釈にも依りますが、
「センの古城は不死教会よりも古い建物である」
と捉えることができます。

f:id:yasaiprpr:20200531175958j:image

     センの古城に繋がる廃教会

鐘がセンの古城より後に設置された物ならば、門を開いて古城に入るシステムは後付けで作られたものだと考えることができます。

では誰がこの後付けされたセンの古城システムに関わっているのでしょうか。
まず少なくとも、グウィンドリンと世界蛇フラムトが関わっていることは確かでしょう。

お願いです

大王グウィンの後継として、世界の火を継いでください

そうすれば、人の世の夜も終わり
不死の現れもなくなるでしょう

世界の蛇、王の探索者フラムトが、貴方を導いてくれるはずです

(太陽の王女グウィネヴィア)

 グウィンドリンの作り出した幻影であるグウィネヴィアがフラムトの名を挙げ、不死の使命を伝えています。グウィンドリンは大王グウィンの遺志を継ぐため純粋にこのシステムを利用しているのでしょうが、このシステムを有効に活用しているアノール・ロンドに残るもう一柱の神が居ます。グウィンの盟友にして、書庫を与えられ狂気に落ちた白竜シースです。

センの古城にはシースの生み出した蛇人がうごめき、管理をしています。

【籠牢の鍵】

センの古城に吊るされた籠牢の鍵

古城を守る蛇人たちは、無謀にも試練に挑み
力尽きた者たちをすぐには殺さない
彼らは籠牢に囚われ、蛇人たちが忘れなければ
やがてどこかに連れて行かれるのだ

 また、鐘のある不死教会にもシースの手が伸びています。

【伝道者の聖衣】

白竜シースに仕える魔術師たち、伝道者の篭手
彼らは狂気の後もシースの元にあり続け
ときに各地に赴き、動けぬシースの手足となった
故に伝道者は「人さらい」とも呼ばれる

魔術師の防具としては最も重く
また魔法の力を秘めている 

 不死教会には六目の伝道者が登場します。

f:id:yasaiprpr:20200531180129j:image

     不死教会の人さらい視点

さらに、巨人墓地で救出し不死教会に移動したソルロンドの聖女レアは、条件を満たすとシースの拠点である公爵の書庫の牢屋に移動し亡者化しています。

シースが聖女を閉じ込め、実験を行っていたことは書庫塔大牢屋の鍵のテキストからわかります。

【書庫塔大牢屋の鍵】

公爵の書庫塔の底にある大牢屋の鍵

かつて多くの聖女を閉じ込めた大牢屋は
今はガランとし、重要な囚人だけが閉じ込められる
鼻先に大量の落とし子が蠢くその場所では
常人が長く正気を保つのは難しいだろう

 シースの手足であり、「人さらい」とも呼ばれる伝道者が聖女をさらっていたと考えられます。

さらに付け加えるならば、鐘を守る「鐘のガーゴイル」は魔法生物と明言されており、シースの被造物であると言うこともできるかもしれません。(魔法生物をすべてシースの被造物と決めつけられる根拠はないので、ここはみなさんの解釈にお任せします。)

不死教会がセンの古城よりも後に作られたこと、不死教会ではシースの手下や被造物が残っていることをまとめると、鐘を鳴らすシステムの設計にはシースが深く関わっていると考えることができます。

 

次に、「下の鐘」について考えます。

「下の鐘」のある遺跡はクラーグの住処に飲み込まれ、廃墟と化しています。
「上の鐘」から不死教会とセンの古城の設立の時系列を考えましたが、今度は「下の鐘」から混沌と下の鐘の遺跡の時間関係を整理したいと思います。

まず決定的となる情報が建物の繋がりです。

①下の鐘のある建築物はデーモン遺跡とエレベーターで繋がっている。

②この建築物は蜘蛛の巣に覆われ廃墟となっている。

まず①について、デーモンの炎司祭を撃破した後、遺跡の先のエレベーターに乗ると、そこは病み村の鐘のある遺跡に繋がります。

さらに②について、たまご背負いエンジーのセリフや遺跡の状況を考えると、混沌に飲まれ下半身がデーモンと化したこの遺跡に逃げ込んだことがわかります。

f:id:yasaiprpr:20200531172824j:image

     蜘蛛の巣に呑まれた下の鐘の遺跡

これらのことから、下の鐘が作られた時期はイザリスが崩壊する前、つまり混沌に飲まれる前だと考えられます。

 「上の鐘」と「下の鐘」が同時期に作られたと仮定すると、センの古城を使ったシースの計画は、混沌の発生より前に始まっていたと考えられます。

さて混沌の発生、つまりデーモンの発生がセンの古城のシステムより後だとすると、一つ矛盾が生じます。

まとめると、

A:二つの鐘は混沌以前に作られた。

B:センの古城からアノールロンドへ不死を運ぶのは蝙蝠羽のデーモン。

 この2つが同時に満たされることが無いことは明らかです。つまり、

Aからは「センの古城システムは混沌以前」だと言え、

Bからは「センの古城システムは混沌以後」と言えます。

この矛盾点の解決案として、自分は以下のように考えました。

「センの古城システムの当初の運び手はデーモンではなかった」

もし、元々は蝙蝠羽のデーモンではなく別の「何者か」が運び手を担っていたならば矛盾点を解決できます。ロードランからアノール・ロンドへ運ぶことは六目の伝道者も行っているはずなので、そこまで困難ではないのかもしれません。

ガーゴイルから運ばれる場所には、黄色く光った「光の輪」が発生します。
この「光の輪」は、オンラインプレイで他者が奇跡を使った場所に現れる白い輪イカリングの色違いです。これは本当に妄想の域を出ませんが、『ダークソウル3』のエンマのように、他者を直接アノール・ロンドへ召喚する奇跡のようなものがあり、この「光の輪」はそういった奇跡の名残なのかもしれません。

ちなみに、『ダークソウル3』のアイテム"勅使の小環旗"より、デーモンが生まれる遥か昔に作られたであろう輪の都にも「運び手」がいるはずなので、デーモンでない神の使いの「運び手」が居たと考えるのは自然です。

【勅使の小環旗】

古く大王グウィンの勅使が用いた小環旗

輪の岩壁を臨み掲げれば、運び手がやってくる

大王は、闇の魂を得た小人に
最果てに閉ざされた輪の都と
愛しい末娘を贈ったという

いつか迎えをよこすと約して

(追記) Twitterのリプライで教えていただいたこと。

f:id:yasaiprpr:20200603204236j:image

センの古城のアイアンゴーレムと戦闘する場所では、アノールロンドに繋がっていたであろう門が塞がれています。

かつてアイアンゴーレムに勝利したものは、直接アノールロンドへ渡ることができていたのかもしれません。

 

以上のことをまとめると、

ウーラシールの試練⇒センの古城の試練⇒2つの鐘制作(シースが関わる?)⇒混沌、デーモンの発生

という時系列になると考えられます。

・アルトリウスについて考えよう

次は、アルトリウスを通しての時系列です。

【アルトリウスの大剣】

「深淵歩き」の騎士アルトリウスの墓守
灰色の大狼シフのソウルから生まれた大剣

アルトリウスはダークレイスの狩人であり
その剣もまた闇の眷属に大きな威力を発揮する

 アルトリウスの伝説には不正確なものが多いですが、「アルトリウスはダークレイスの狩人」という文言を信じて以下は突き進んでいきます。

【赤い瞳のオーブ】

オンラインプレイ専用アイテム
他の世界に侵入する
(誓約者のみが使用でき、亡者では使用できない)

侵入先の世界で、世界の主を倒せば
人間性を得ることができる

カアスに唆された、ダークレイスたちの業
彼らは人間性を求め、さらなる闇に堕ちていく
あるいは、それこそが本来の人であろうか

 ダークレイスは世界蛇カアスによって力を与えられた四人の公王に仕える騎士たちのことです。アルトリウスがダークレイスの狩人であったならば、彼は小ロンドが闇に堕ちた時点ではまだ活動していたと言えます。

小ロンドの封印者イングウァードのセリフを確認します。

わしも、多くを知っているわけではないのだが・・・

ただ、かつて騎士アルトリウスは
深淵を歩き、ダークレイスを狩ったという

(癒し手イングウァード)

 封印者のイングウァードが知らないのであれば、アルトリウスは直接封印には立ち会ってはいなかったのでしょう。

ダークレイスは、人と、ソウルで生きる全ての敵じゃ

もう二度と、この世に放ってはならんのじゃと・・・

(癒し手イングウァード)

 かつてダークレイスが世を脅かした際に狩人として活躍したのがアルトリウスだったのかもしれません。

最終的にアルトリウスはウーラシールで倒れるため、小ロンドの崩壊はウーラシールの崩壊よりも前のこととなります。

つまり、四人の公王がグウィンに出会い王のソウルに出会ったのはウーラシールがまだ平和だった時代であると分かります。

上で述べたセンの古城とウーラシールの試練の時系列を考えると、四人の公王はウーラシールの試練を越えて神への謁見を許された人なのかもしれません。(4対1はズルだろ)

以上から、小ロンドの崩壊はウーラシールの崩壊よりも古い出来事であったという解釈できます。
「アルトリウスの伝説は全てウソ!」とみなすことも出来ますが、今まで自分は思考停止で「ウーラシール⇒小ロンド」という時系列で考えていたので、テキストを見直すことで異なった解釈をできたのは面白かったです。

「解呪」という神の業や、大量の水による封印、雷を放つ赤子や青い炎など、小ロンドには掘り下げるべきテーマがまだまだ眠っているので、今後も調べてみたいと思います。

 

・輪の都とウーラシールについて考えよう

輪の都にはある国からの使節団が来ていました。

【古めかしい平服】

古い魔術の国の平服
黄金の飾りは僅かな魔力を帯びているが
本来、戦いのための装束ではない

遥か昔、ある使節団が輪の都を訪ねたとき
唯一残った若者が
記録上最後の、教会の槍になったという

「古い魔術の国」「黄金の飾り」から推測されるように、この使節団はウーラシールであると予測されます。この使節団の一人、ハーフライトが記録上最後の教会の槍となりました。

ウーラシールの事実を知っている我々からすると、「記録上最後」という文言も、この使節団以降にウーラシールの崩壊が起き、輪の都との交流が絶たれてしまったのではないかと考えることができます。

さて、輪の都にあるウーラシールの足跡のなかで、興味深いものがあります。

この白い木です。

f:id:yasaiprpr:20200531173534j:image

この白い木はロスリック各地に存在し、木の付近では「幼い白枝」を拾うことができます。

【幼い白枝】

まだ幼い白皮の木の枝

場所にふさわしい何かに変身する

宵闇の少女がはじめて手にした魔術の杖は
やがて苗木となり、三本の白い木になった
今もその幼い枝には、彼女の悪戯が宿るという

白い木は宵闇の少女が残した枝が成長したものだそうです。
では輪の都の木も、もとは宵闇の枝だったのでしょうか。

私の故郷、ウーラシールは、私の時代でも、既に亡んでいました

だから、やっぱり私は一人で・・・

(ウーラシールの宵闇)

宵闇は「もう既に亡んでいた」と言っているので、輪の都への使節団に宵闇が居たと考えるのは不自然です。

白枝はやがて3本の木となったと書かれていますが、ロスリックでは「不死街」「深みの聖堂」「ファランの城塞」の本編エリアで既に3本が確認されています。

宵闇が使節団にいたとは考えられませんが、なぜ輪の都に白い木があるのでしょうか。

ここで、ウーラシールの崩壊の原因となったマヌスを思い出してみます。彼は古い人の魔術師でした。
彼は宵闇を深淵の穴に捕え、さらに割れたペンダントを持つ主人公を過去に引き摺り込みます。割れたペンダントはとても古いものであり、マヌスの時代にゆかりのあるものだと想像できますが、なぜ直接面識がないであろう宵闇は捕えられてしまったのでしょうか。

ここで宵闇の装備品のテキストを確認してみます。

【宵闇の頭冠】

ウーラシールの姫君たる宵闇に
誕生と共に与えられた、特別な魔法の頭冠

装備者はすべての魔法に祝福され
魔法の威力、効果は高まるが
魔法によるダメージも大きくなる

宵闇はウーラシールの姫君であり、その誕生と共に指冠と頭冠は贈られました。

ここからは多分に希望が含まれますが、

この二つの品は宵闇のための品ではなく「ウーラシールの姫君」のための品であると読み取れます。

強引に捉え方を変えて、「ウーラシールの姫君」に与えられる名前こそ「宵闇」であり、頭冠や指冠は代々姫君に引き継がれている物と解釈できます。(ゼルダ姫みたいなイメージ)

そう考えることで嬉しいことは、輪の都に白枝を残したのは宵闇であり、ロスリックの各地に残したのも宵闇、同一人物ではないが同様にウーラシールの姫君であったなら矛盾なく自然に考えることができます。(”三本の木”には矛盾しますが...)

・・・以前、深淵の化け物に襲われた話をいたしましたが

その時、私は気を失くしていて・・・
でも、ひとつだけ、覚えている感情があるんです

強く、懐かしむ感情・・・
戻らない幸福と、その思い出の品・・・それを求める思い・・・

(ウーラシールの宵闇)

また、本来赤の他人であるはずのマヌスが宵闇を捕まえ、彼女に対し懐かしむ感情を持っていたのは、もしかすると彼の知る彼の時代に同じ装束を着た宵闇が居たからではないでしょうか。

 輪の都の白い木に色々理由をこじ付けたかっただけではありますが、かつての古い使節団がマヌスの生きていたレベルの古い時代だったのかもしれないと思うと、妄想が膨らんで楽しいですね。

 

・グウィンと黒騎士について考えよう

最後のテーマです。グウィンの火継ぎは一体いつのタイミングだったのでしょうか。

まず単純に、グウィンの火継ぎが二つの鐘の作られる以前であることは確実でしょう。

グウィンが火継ぎに旅立った際、彼の騎士たちは二つに分かれました。
幻の王女を護る銀騎士とグウィンを追った黒騎士です。

火継ぎに飲み込まれ灰となってさまよっている黒騎士たちはデーモンと戦っていたという記録もあります。

【黒騎士の大剣】

ロードランをさまよう黒の騎士たちの大剣
混沌のデーモンと対峙するための武器

大きな動きから体重をのせた攻撃は
かつての彼らの敵の強大さからくるものだ

 今までの議論からすると、少し疑問が生まれます。

二つの鐘建築 ⇒ 混沌発生

と考えていたので、グウィンの火継ぎも考えると、

グウィンの火継ぎ ⇒ 二つの鐘建築 ⇒ 混沌発生

 となります。混沌、デーモンの発生がグウィンの火継ぎ以降ならば、誰の指示で黒騎士はデーモンと戦っていたのでしょうか。

個人的な考えですが、黒騎士はグウィンの火継ぎに付いていくほどですから、相当なグウィンの信奉者であると認識しています。そのため、黒騎士のデーモン狩りもグウィンの指示によるものと考えていましたが、上の考え方では成り立ちません。

『ダークソウル3』において、燻りの湖にはデーモン遺跡に向けられた巨大なバリスタと巨人奴隷の遺体があります。

デーモンではなく、砂ワームを退治するためのバリスタかもしれませんが、これに関してはテキストも無いのでわかりません。もしも神々の奴隷である巨人もデーモン狩りに参加していたのならば、黒騎士だけの行動ではなく、アノール・ロンドの神の命だったのかもしれません。

アノール・ロンドには蝙蝠羽のデーモンが、北の不死院にもデーモンがおり神はデーモンを支配したかったのかもしれません。

語尾が「かもしれません」まみれになってきたのでこのテーマはここで終えておきます。

 

・おまけ 太陽の長子の家出

 愚かさ故に神を追われた太陽の長子が、アノール・ロンドを去ったタイミングはいつ頃か少し考えてみます。

【太陽の光の剣】

かつて太陽の長子が振るった奇跡
右手の武器を太陽の光の力で強化する

太陽の光の力とは、すなわち雷であり
特に竜族には、大きな威力を発揮するだろう

空っぽの大王の棺に備えられたそれは
神を追われた彼の、別れの言葉だったろうか

 実質の死を意味する火継ぎに対して作られたのがこの棺なら、長子の別れはグウィンの火継ぎ以降であることがわかります。

『ダークソウル3』では竜狩りの戦神であった無名の王は竜と仲良しだったそうですが、アノール・ロンドに残った神で竜好きを追い出したい者といえば、やっぱり白竜くんですかねぇ。(こいつまたシースのせいにしてますよ)

 

 ・まとめます!

だらだらと書いてきたので、ここらで考えてきた時系列をまとめたいと思います。

f:id:yasaiprpr:20200604005947j:image

一応、上から順に時系列で書いています。細かい時間の前後(火継ぎのタイミングやセンの古城の開始タイミングなど)は有りますが、今回整理した時系列は一通りまとめています。

デーモンや黒騎士などは直観とは異なる結論を炙り出せたので、一度落ち着いて整理した意味はあったと思います。

テキストの根拠が少なく、仮定が多くなってしまい細長く脆い考察になってしまったので、より自然な時系列の解釈も沢山あると思います。

 

・おわりに

今回整理して得られたことをまとめると、

①やっぱり大体シースのせいかもしれない

②デーモンと混沌周りは時間の前後関係が複雑である

③黒騎士の行動目的は思った以上に複雑かもしれない

 元々一筋縄ではなかったものが、さらに謎を深める結果となってしまいましたが、まあそんなものでしょう。

グラッグラな組み立ての考察ですが、広い時間軸で記事を書いたこともなかったので楽しかったです。

終わり!

 

7/28 追記

こんにちは。久々に書きます。
といっても新しい記事ではなく、追記という形になります。
上の文章ではダークソウル(無印中心)の時系列をできるだけ整理してみようという試みで書いています。暇だったら読んでください。

今回はこの時系列に関して、少し考え直さないといけない結果が得られたため報告します。

今回追記をすることになったきっかけは、友人とウーラシールの決闘でワチャワチャ遊んでいた時のこと。

f:id:yasaiprpr:20200728185516j:image

「この銀騎士像センの古城にもあったよなあ。」

いままでこの銀騎士像を特に気にしていなかったのですが、ウーラシールの決闘の舞台を見まわしてみると、センの古城と全く同じ造りをしていることが分かりました。

まず共通点として特徴的なのは、茶色いレンガ造りであることが挙げられます。
ウーラシールで見られる建築とは異なり、センの古城と類似した建築になっています。

 


f:id:yasaiprpr:20200728185549j:image

f:id:yasaiprpr:20200728185547j:image

さらには、上の画像で示した”ガーゴイル像”も共通しています。
(左がウーラシールの決闘、右はセンの古城のアイアンゴーレム部屋)
この像が具体的に何を表しているかを考えることはここでは控えますが、センの古城ととの分かりやすい共通点の一つです。

 


f:id:yasaiprpr:20200728185621j:image

f:id:yasaiprpr:20200728185618j:image

さらに細かいことになりますが、上の画像で示した、柱や壁に共通してみられる紋章がどちらのエリアでも確認できました。

以上のことから推測されることは、

ウーラシールの決闘とセンの古城は同時期に作られたものである

という可能性です。

どちらも「神への道」という共通点はあったため、今回のような類似した点が発見できたことは嬉しいのですが、センの古城が作られた時期はウーラシールよりも後だと考えていたので、修正が必要になりました。

 つまり、管理者が必要であるウーラシールの決闘と、奴隷巨人で動かしているセンの古城は同時期に作られており、ウーラシール決闘の管理者は失われその機能を失い、センの古城とアノール・ロンドを繋ぐ門は埋められた。

そして混沌とデーモンが生まれたときアノール・ロンドへの道は再び繋がり、神の火継ぎの悲願と白竜の野心が動き出す...

ウーラシールの決闘とセンの古城をどのように使い分けていたのかは分かりませんが、開発時は黒い森の庭はアノール・ロンドにあったらしいので、
センの古城が予選、ウーラシールの決闘が決勝戦のような意味合いだったのかもしれませんね。

※「クリスタルゴーレムが森にいるのは、そこがアノール・ロンドにあった名残」というラジオで発言していた没ネタを元にした推測ですので、ここは話半分で...

 

 

【ダークソウル 】アルトリウスと狼騎士【考察】

不定期更新覗き魔ブログ、今月の記事です。

今回は『ダークソウル』と『ダークソウル3』から、「アルトリウスの大剣」と「狼騎士の大剣」が持つ特殊な効果について調べ、その結果からアルトリウスについての考察を進めていこう、という方針です。(2種類あるアルトリウスの大剣のうち、今回考えるのは神聖属性のものです。)

まずは武器のテキストを確認しましょう。

・アルトリウスの大剣『ダークソウル』

f:id:yasaiprpr:20200421231853j:image

【アルトリウスの大剣】

「深淵歩き」の騎士アルトリウスの墓守
灰色の大狼のシフのソウルから生まれた大剣

アルトリウスはダークレイスの狩人であり
その剣もまた闇の眷属に大きな威力を発揮する

 

・狼騎士の大剣『ダークソウル3

f:id:yasaiprpr:20200421231944j:image

【狼騎士の大剣】

ファランの狼血の主
深淵の闇に汚れた騎士の大剣

狼の騎士は、最初の深淵の監視者であり
その剣もまた闇の眷属に大きな威力を発揮する

武器の画像を見てもらうと分かる通り、狼騎士の大剣は深淵の大剣と同じ外観をした武器であり、どちらもアルトリウスの武器を元に生成された武器であることがわかります(武器アイコンは何故か深淵の大剣ではなく普通のアルトリウスの大剣)。  テキスト中にあるように、これらの武器による攻撃では、闇の眷属に対してダメージが増加します。

 では具体的に闇の眷属とは何を指すのでしょうか。

まずは『ダークソウル』アルトリウスの大剣の対象から。

『ダークソウル』 アルトリウスの大剣でのダメージ増加対象

・ダークレイス
・四人の公王
・カアス
・フラムト

ダークレイスとその親玉である四人の公王に対してダメージが増加することは、アルトリウスがダークレイスの狩人であることから自然に理解できます。カアスやフラムトに対してダメージが増加するのは一見疑問に思えますが、本来ダークレイスの生命喰いの力は世界蛇の業であるため、蛇たちも対象に入ると考えられます。

『ダークソウル』におけるアルトリウス大剣の対象となる闇の眷属とは、「世界蛇の業を持つ者、生命喰いの力を持つ者」と言えます。

 

続いて、『ダークソウル3』の狼騎士の大剣について。

『ダークソウル3』 狼騎士の大剣でのダメージ増加対象

・エルドリッチの腐肉
・神喰らいのエルドリッチ
・ダークレイス
・灰の審判者、グンダ
・覇王ウォルニール
・人の膿
・深みの呪者
・竜狩りの鎧
・ハーラルドの戦士
・闇喰らいのミディール

・(巡礼の蝶)

攻略本などを参考にしたので過不足があるかもしれません。

『ダークソウル3』における闇の眷属と呼ばれる存在はかなり多いことがわかります。
『ダークソウル』のアルトリウスの大剣の対象であったダークレイスに加えて、闇を溜め込んだもの闇に操られたもの深淵に落ちたものなどなど多岐にわたります。

狼騎士の大剣では闇の眷属の範囲がアルトリウスの大剣より拡大していることがわかります。

実際、『ダークソウル』では深淵に飲まれた騎士アルトリウスウーラシール市民、ウーラシールの深淵の根源である深淵の主マヌスに対してさえアルトリウスの大剣でのダメージ増加は有りません (人間性ラソンでお世話になる深淵湧きもダメージ増加はありません)。

f:id:yasaiprpr:20200422200522j:image

なぜアルトリウスの大剣と狼騎士の大剣でダメージ増加範囲に違いが生まれるかを考えます。 
ここで、ダメージ増加の仕組みを見直してみましょう。

【黒騎士の大斧】

 世界をさまよう黒騎士たちの大斧
混沌のデーモンと対峙するための武器

自らよりも大きな敵と戦い続けた故だろうか
独特の攻撃は、敵の強靭度を削る力が強い

 【亡者狩りの大剣】

仮面の騎士が振るい続けたという大剣
亡者たちの脳裏に刻まれた恐怖の記憶

亡者に対して特に効果が高い

かつてミラの正統な騎士に与えられたものであり
両手持ちで独特な剣技を見せるという

 デーモンと対峙した黒騎士の得物はデーモン特攻を持ち、亡者を狩り続けた大剣は亡者特攻を持つように、本来の武器の持ち主が何をその武器で狩っていたかこそが重要であると考えられます。

アルトリウスはダークレイスの狩人に過ぎず、深淵に敗れた存在でした。それ故に、彼の大剣はマヌスなどの深淵の勢力に対して特別な力を持つことはありませんでした。

 

 

では何故、狼騎士の大剣はダークレイスに留まらず、多くの闇の眷属に力を持つのでしょうか。

ここで、アルトリウスと狼騎士は同一人物ではないという可能性を提示します。 
つまり、狼騎士とはアルトリウスの遺志を継ぎ、深淵を討った不死の一人であると。

狼騎士の大剣が深淵を討った不死の得物であるならば、ウォルニールやハーラルド騎士などの深淵の存在に対して有効であっても不思議ではありません。

 

もちろん、狼騎士装備や狼騎士の大剣はアルトリウスの物と同一であり、別人のものであると考える方が無理があります。

狼騎士がアルトリウスではないと考える根拠を述べていきます。

 

根拠1.狼騎士装備のテキストにはアルトリウスの名が無い

【狼騎士の兜】

深淵の闇に汚れた騎士の兜
群青の房は決して乾かず、濡れそぼっている

かつて騎士は終に倒れ、使命と狼血を残した
それはファランの不死隊のはじまりであり
監視者たちはその甲冑に、自らの最期を見る

 比較として、竜狩り装備のテキストを示します。

【竜狩りの兜】

「竜狩り」オーンスタインの名で知られる
黄金獅子の兜。雷の力を帯びた神代の甲冑

竜無き時代、廃聖堂を守ったという騎士は
だが無名の王を追い、その地を去ったという

 竜狩りの装備は確かにオーンスタインの名で知られているのに対して、狼騎士の装備はアルトリウスの名前で伝わっていません。

 

根拠2.アルトリウスの名前は伝わっている

 アルトリウスは『ダークソウル』の時代で既に命を落としており、そのため『ダークソウル3』の時代で名前が伝わっていないだけである、と考えることができますが、実は『ダークソウル3』の時代でもアルトリウスの名前は伝わっています。

【狼の指輪】

最古の王グゥインに仕えた四騎士のひとり
「深淵歩き」アルトリウスの名で伝わる指輪

強靭度を高める

アルトリウスは、強靭な意志により決して怯まず
大剣を振るえば、まさに無双であったという

 グウィンからアルトリウスに与えられたこの指輪は、狼騎士の物としてではなく、きちんとアルトリウスの名で伝わっています。

 

 

根拠3.不死隊の試練は『ダークソウル』の火継ぎの模倣

 不死隊の試練とは、ファランの城塞内の火を消す、独特の入隊の試練のことです。

ファランの不死隊には、独特の入隊の試練があってな

城塞の内、3つの祭壇の火を消すことで、狼の血への扉が開く

呪われた不死人が、それでも特別であると信じたいのさ
(脱走者ホークウッド)

3つの祭壇の火を消すことで、大きな門の前の燭台に火が灯ることで門が開きます。

この祭壇にはレリーフが彫られており、上からそれぞれ「墓王ニト」「四人の公王」「イザリスの魔女と混沌の娘たち」がモチーフとなっています。

・墓王ニト
f:id:yasaiprpr:20200423075233j:image

 

・四人の公王
f:id:yasaiprpr:20200423075257j:image


・イザリスの魔女と混沌の娘たち
f:id:yasaiprpr:20200423075254j:image
(中央に魔女、下部に7人の娘たちがいる。ゲーム中だと分かりにくいですが、デザインワークスだと7本の杖がよく見える。)

 

・消された火は門の前へ
f:id:yasaiprpr:20200423075251j:image

『ダークソウル』の不死の英雄は、はじまりの火から王のソウルを見出した者たちを殺し、そのソウルを扉の前に捧げることで火継ぎへの道を開きました。
不死隊の試練は、ロードランの不死の英雄の試練を模していると考えることができます。

※白竜シースについて

当然、「なぜシースの祭壇は無いのだ」という話になりますが、正直わかりません。

ゲーム制作上の都合か、シースが倒されなかった世界なのか、シースが姿を変えて生きていることを表しているのか...

・デザインワークスにはシースを模したと思われる祭壇のデザインがある

f:id:yasaiprpr:20200423081519j:image

 

・まとめ

以上をまとめると、

・狼騎士の大剣は深淵の勢力に特攻を持つ 狼騎士は深淵の狩人

・狼騎士と騎士アルトリウスは同一であるとは言い切れない。

・不死隊の試練はロードランの不死の英雄の行動を模している。

これらのことから、狼騎士はウーラシールで深淵を討った不死の英雄であると考え出すことができます。

不死の英雄でありながら、深淵の監視者として生き、終に倒れた騎士こそが狼騎士であり、ファランに不死隊を生んだのです。

 

・おわりに

アルトリウスと不死の英雄の真実を知っている者は、鷹の目ゴーと王の刃キアラン、エリザベスくらいでしょうか。(ウーラシールの宵闇は気づいていない?)

ファランの城塞にエリザベスらしき遺体があることや、鷹の指輪を持つ巨人がウーラシールと繋がりを持っているなど、ウーラシールを知る者たちの影響は『ダークソウル3』の世界にまで伝わっていそうです。

火を継いだただ一人の不死ではなく、様々な不死の英雄の足跡が残っていると考えれば、オーンスタインが倒されていない世界であったり、大狼シフが死んでいない世界がロスリックに流れていると考えることができるかもしれません。

 

f:id:yasaiprpr:20200423085059j:image

深淵の監視者の剣とスズメバチの指輪がある墓を守る白い犬くん好き

【ダークソウル 】「君、影薄いねw」 亡者と影について

今回は、ダークソウル3の不思議な現象についてまとめたいと思い書きました。

ダークソウル3では、プレイヤーはロンドールのヨエルに暗い穴を開けてもらうことで、死亡により体に呪いを蓄積することができるようになります。

プレイヤーは呪いが蓄積すると、姿が亡者に変わりますが、見た目がシワシワになること以外大きな変化は起きません。
(亡者派生武器に運のボーナスは付くらしい)

 しかし亡者状態になることで、見た目の変化だけでなく「影の消失」を引き起こします。

この影の消失現象に興味を持ったため、いろいろ調査を行いました。
まずはじめに、ダークソウル3においてプレイヤーがの影ができる条件として、

・亡者状態ではない。(暗い穴、呪い値の有無は関係なし)

・霊体状態ではない。(偽りの指輪は関係なし)

・篝火、太陽、月などの光源の直接光でのみ生まれる。(回折光や窓からの光では影は生まれない)

 以上のことに注意して、ロスリック各地のモブに対して影の有無をチェックし、その共通点を考察のヒントにしようという目論見です。

 

1.影の消えた者たち

以下に、影が消えてしまう状態、モブを紹介します。

①亡者化したプレイヤー

暗い穴を開けてもらい呪いを溜めることで亡者化したプレイヤーは影を失います。

暗い穴を持っているのみでは影は失いません。

また、影だけではなくツルツルした床や水面への映り込みも消失します。

f:id:yasaiprpr:20200324215202j:image
     生者状態は影あり

 

f:id:yasaiprpr:20200324215158j:image
     亡者状態は影なし

 

f:id:yasaiprpr:20200326184901j:image
     生者状態は映り込みあり

 

f:id:yasaiprpr:20200326184924j:image
     亡者状態は映り込みなし

 

②霊体

亡者、生者にかかわらず霊体になったプレイヤーは影を失います。

f:id:yasaiprpr:20200324084408j:image
     霊体は影なし

 

影の消失は白霊、闇霊、狂った霊体に問わず起きます。水面への映り込みも同様に消失します。(ミディール戦の水面を見るとホストとボスだけ映り込んでいる事がよくわかるかも)

 

③絵画世界の忌み人

絵画世界の鴉の頭をした「忌み人」にも影はありません。

f:id:yasaiprpr:20200326183041j:image
     忌み人には影なし

 

猛毒を吐く大型の忌み人や、魔術を使う忌み人も影が消失しています。  

ちなみに「鴉人の騎士」には影が存在します。

④輪の都の亡者

f:id:yasaiprpr:20200326185239j:image
     輪の都の亡者


f:id:yasaiprpr:20200326185236j:image
     輪の都の聖職者

 

輪の都で登場する、「輪の都の亡者」と「輪の都の聖職者」には影が存在しません。

 

f:id:yasaiprpr:20200328024641j:image     契りの剣の輪を背負う亡者

 

f:id:yasaiprpr:20200328024735j:image
     胸に穴のある輪の都の亡者

 

輪の都の亡者の胸には穴が開いていること、契りの剣に似た物を背負っていることから、この亡者たちも、プレイヤーと同じロンドール式亡者なのかもしれません。

⑤おまけ

f:id:yasaiprpr:20200327002900j:image
     ハーラルド騎士の頭には影なし

 

 ハーラルド騎士の頭部(人間性のモヤモヤ部分)には影が生まれていません。
魔術のエフェクトなどに影が無いことと同様の仕様でしょうか。

 

2.何故か影が消えなかった者たち

影が消えた者たちの共通点探しは置いておいて、影が消えそうで消えない不思議な存在を紹介します。

①亡者なのに影がある?

 プレイヤーは亡者になることで影の消失が起きますが、亡者兵などの一般的なモブには影が存在します。
それではプレイヤーと同様に「暗い穴」を所持した亡者であるアストラのアンリには影があるのでしょうか。

f:id:yasaiprpr:20200327124013j:image
     アンリ、ホレイスは影あり

 

アンリには影があるため、火の無い灰の亡者の影が消えるというわけではないようです。

 

②霊体なのに影がある? 

霊体は影が消えることを紹介しましたが、実は輪の都で侵入する「銀騎士レド」と「忌み探し」には影が生まれています。

f:id:yasaiprpr:20200327175852j:image
     銀騎士レドは影あり


f:id:yasaiprpr:20200327175855j:image
     「忌み探し」は影あり

 

輪の都で侵入してくる彼らは、プレイヤーが灰状態であっても侵入してくる特殊な霊体です。特殊な侵入をする霊体であることが、この影の発生に影響しているのかもしれません。

 ちなみに「呻きの騎士」くんは何度誘導しても落下死してしまうのでノー検証です!

さらに、ダークソウル無印での霊体も調べてみました。

f:id:yasaiprpr:20200327205201j:image
     ダークソウル無印の霊体 影あり

 

ダークソウル無印の霊体には影が生まれていました。(白霊にも影あり)

 ③忌み人なのに影がある?

 絵画世界の忌み人には影がありませんが、例外があります。
f:id:yasaiprpr:20200327190541j:image
     友好NPCの忌み人には影あり

 

楔石の原盤をくれる友好NPCの忌み人や、鴉人の騎士に攻撃されている忌み人たちには影が存在します。鴉人の騎士が影の有る忌み人たちを積極的に排除しているのは、フリーデに反抗している ー絵画の焼失を望んでいるー 忌み人たちには影があるということを表しているのかもしれません。

 

④簒奪者には影がある?

 プレイヤーは亡者になることで影を失います。しかし、亡者の王となりはじまりの火を奪った簒奪者となったとき、何故か影が生まれています。

f:id:yasaiprpr:20200327201519p:image
     簒奪者エンド 足元に落ちる影

 

しかし、この影が生まれる現象には理由があります。 

f:id:yasaiprpr:20200327210300j:image
    亡者状態でもムービー中には影がある

 

影が消えているはずの亡者状態であっても、ムービー中には影が発生していることがわかります。そのため、簒奪者エンドの影には考察の材料になるような理由は、恐らく無いと考えられます。カナシイ

 

⑤おまけ

モブだけでなく建物や配置物にも影がある物とそうでない物が存在しますが、複雑になってしまうので気になった物の紹介をします。

f:id:yasaiprpr:20200327213241j:image
     ダークソウル3の篝火 影なし

 
f:id:yasaiprpr:20200327213323j:image
     ダークソウル無印の篝火 影あり

 

霊体の影の件もあり、ダークソウル無印では影の消失といった現象が起きないと推測されます。

「ロスリックとロードランを支配する世界の法則は大きく異なっている」と捉えることもできるかもしれません。

 

 まとめ

 霊体を除き、影が消失するのは

・亡者化したプレイヤー

・敵対している忌み人

・輪の都の亡者、輪の都の聖職者

⇒少なくとも影が消失しているのは全て亡者である。

・火の無い灰の亡者であるアンリには影がある。

暗い穴を持つ亡者であっても必ずしも消失しない

・通常の霊体は影が消失する。

・灰状態でも侵入する「銀騎士レド」や「忌み探し」の闇霊には影がある。

⇒霊体にも影の有無が存在する。
影ができる理由は有るはず

 ・ムービーでは、亡者状態でも影が表れる。

⇒悲しい

 

 おわりに

今回は「考察」というより、あくまで「検証」の範囲となってしまいました。

影の消失は、ゲームのシステムの影響による可能性も”かなり”あるため、考察まで踏み込むことが難しいと判断しました。

ダークソウル無印やダークソウル2での検証はほとんど行っていないため、もしかすると大きなヒントがあるかもしれません。

自分ができた範囲の検証はここまで! ということで報告を締めさせていただきます。

 

発見があれば是非教えてください。

【隻狼・ダークソウル】銭はどうして拾わないといけないの (罪の火・怨嗟の炎)【考察】

f:id:yasaiprpr:20200208230912j:image

ダークソウルと隻狼の複合記事です。

結論から言えば、「罪の火と怨嗟の炎は同一である」といったことを言いたい記事です。

 今までにいくつかの記事で、罪の火の性質は、

① 罪の火は消えない。

② 罪の火は色を変える。(青色→赤色)

③ 罪の火は人を追いかける。

④ 罪の火は感情を焼く。

 であると述べてきました。
これらの性質が怨嗟の炎にも共通していることを確認していきます。

 

1.火は消えない

【罪の大剣】

法王サリヴァーンの持つ右手の剣
罪の火を称する儀式の剣

遥か昔、イルシールのはずれ
その地下に罪の都と消えぬ火を見出したとき
若き魔術師サリヴァーンの心にも
消えぬ野心が灯ったのだろう

 罪の火が消えないという性質は多くのテキストに示されています。

 では、怨嗟の炎はどうでしょうか。仏師とエマとの会話にこのようなものがあります。

炎は... まだ、消えませんか?(エマ)

エマよ...
何度聞いても、変わりゃあしない
いくら仏を掘ろうとも、怨嗟の炎は消せぬ
押し留めるが、せいぜいじゃ(仏師)

怨嗟の炎は消えることがなく、抑えることしかできない。 これは罪の火の性質と一致します。

【王の薪】

巨人ヨームが残した王の薪

王が玉座に戻らぬならば
その薪を戻せばよい

孤独な巨人は、罪の火を鎮めるため薪の王となった
彼を王と呼ぶその声に、心がないと知っていても

 仏師は怨嗟の降り積もる先になり、仏を掘ることで自らを燃やす炎を抑えていました。
そしてヨームもまた、罪の火を鎮めるために王となりました。

2.火の色を変える

f:id:yasaiprpr:20200208230454j:image

f:id:yasaiprpr:20200208141045j:image

 以前の記事で獄吏のランタンと罪の火を結びつけて考えました。

獄吏のランタンの不思議な性質の一つに「火の色が青から赤に変わる」 というものがあります。

 ここで、隻狼の休息地点である「鬼仏」を見てみましょう。

f:id:yasaiprpr:20200209134532j:image

鬼仏は、仏師が荒れ寺で掘っているものと同じ形状をしており、おそらく同一のものでしょう。仏師は自らを焼く怨嗟の炎を抑えるために鬼仏を彫っていました。

休息地点である鬼仏には、青い炎が漂っています。また、鬼仏からは「形代」を購入することができます。

【形代】

ただよう白い形代

人に限ったことではないが、
何か心残りがあれば、その想いが
幻として形を取って見えることがある

義手忍具など、形代を消費することで
使えるアクションがある

 形代とは、心残りが形となって見えているものです。怨嗟を彫り出した鬼仏から、人間の心残りの感情が得られることは不思議ではありません。

ところでこの形代はマップ上にもいくつか配置され、狼が近づくと自動で吸い込まれてしまいます。

f:id:yasaiprpr:20200211190912j:image

f:id:yasaiprpr:20200211190854j:image

隻狼には吸引というシステムがあり、敵の落とした銭やアイテムを任意で拾うことができます。このように、形代と銭は明確に拾得システムが区別されています。

ダークソウルを思い出すと、あの世界での通貨の役割を持っていた「ソウル」は自動的に取得されていました。 ではなぜ隻狼では銭を自動取得にしなかったのでしょうか?

答えは当然、「銭は”物”」だから拾わなければならないのです。
逆に言えば、ソウルや形代などの人の意志は「人を自動で追いかける」と言えます。

【追う者たち】

深淵の主マヌスの魔術
人間性の闇に仮りそめの意志を与え放つもの

与えられる意志は人への羨望、あるいは愛であり
その最期が小さな悲劇でしかありえないとしても
目標を執拗に追い続ける

 人の意志が人を追いかける事実はダークソウルでは定番でしたが、その法則は隻狼でも適用されています。

さて、炎の色の話題に戻りましょう。獄吏のランタンの火は、青色から赤色に変わりましたが、青い炎を纏う鬼仏が、真っ赤に燃える瞬間も存在します。

f:id:yasaiprpr:20200211192400j:image

 怨嗟の鬼戦の2ゲージ目の戦闘で、怨嗟の鬼は赤く燃えた鬼仏を飛ばしてきます。


f:id:yasaiprpr:20200211234732p:image

青色から赤色に変わる特殊な火が、ダークソウルにも隻狼にもあったのです。

隻狼にはもう一つ、青い炎が赤く変わるものがあります。義父の梟です。

f:id:yasaiprpr:20200212000248j:image
f:id:yasaiprpr:20200212000244j:image

義父の梟もまた、青く輝く瞬間と、赤く燃える瞬間があります。この梟の術が「形代」の力によるものならば、人の意志はもとは青く、そして赤く炎の性質を帯びるのかもしれません。

3.人を追いかける

先ほど、「形代やソウルなどの人の意志は人を追う」と述べましたが、罪の火も同様に人を追っています。

これまた以前の記事で、「罪の火は意志を持ち、人を追う」と結論付けましたが、怨嗟の炎についてはどうでしょうか。

f:id:yasaiprpr:20200211235815j:image

上でも紹介した怨嗟の鬼の鬼仏攻撃は、とてつもない追尾性能を持っており、怨嗟の炎もまた、人を追尾する性質があると考えることができます。

 

まとめ

感情に強く関わり、青と赤に燃える、消えることのない火は人を追い続ける。

罪の火と怨嗟の炎には、共通点が多かった!

 

この記事を書く発想のきっかけとなり、とても参考になったACID BAKERYさんの記事を紹介させていただきます。

acid-bakery.com

 

まだ続くんじゃ

根拠と呼べるほどではないですが、解釈として面白いものがあったので、余談として記します。

・空からの炎

怨嗟の炎と罪の火を結びつけて考えると、いろいろ想像が捗ります。

【罪の炎】

罪の炎に由来する呪術

離れた敵を炎で包み、焼き払う

巨人ヨームが薪の王となった後
罪の都は炎によって滅びた
それは空より生じ、人々だけを焼いたという

 罪の炎は空から生じたとされていますが、怨嗟の炎は降り積もります。

【咳の音・仏彫る者】

どこかで、苦しげな咳が聞こえる

咳をしているのは、
降り積もる炎に焼かれぬため
仏を一心不乱に彫り続ける
一人の男のようだ

所持している分だけ、冥助確率が下がる

 当然、降り積もるというのは文字通り空から炎が降っている訳ではないでしょうが、
文字通りのことが起こせてしまうダークソウルの世界なら、空から炎が降り積もっていると考えても面白いかもしれません。

・降り積もる者の左腕

怨嗟の炎を仏師が引き受けたように、ヨームもまた、罪の火を抑える存在となりました。

狼も仏師も、炎を引き受ける者は左腕を失っていますが、ヨームはそうではありません。
しかし、左腕に注目してみるとヨームのテキストにも左手に関するエピソードがあります。

【ヨームの大鉈】

かつて巨人ヨームが用いた大鉈

大盾と一対で常に先陣にあったというが
ヨームが盾を捨てた後、左の持ち手が追加された

それは独特の叩き潰す剣技を生み
彼の晩年、その凄まじい戦いの語り草になった

 同じく盾を捨てた先輩狼アルトリウスは、左手を負傷していました。
ヨームも左腕がなければ露骨だったのに

 ここでヨームのご先祖様に目を向けてみましょう。

【巨人ヨームのソウル】

巨人ヨームのソウル
力を帯びた、異形のソウルの一つ

使用することで莫大なソウルを得るほか
練成によりその力を取り出すことができる

ヨームは古い制服者の末裔であったが
請われて人々の王となり
その重い刃となり、硬い盾となったという

 ヨームは古い征服者の末裔だそうですが、一体誰を指しているのでしょうか。

f:id:yasaiprpr:20200212013509j:image

巨人ヨームを見て真っ先に思い浮かぶのが、ダークソウル2の巨人です。ヨーム本人には丸い穴の開いたチェインメイルの中に顔がありますが、ダークソウル3のトレイラーを見てダークソウル2の巨人の再来を感じた人も多いはず。

さて、このダークソウル2の巨人ですが、ドラングレイグに侵略した征服者であります。ドラングレイグの征服を率いた「巨人の王」は名も無き英雄に破れ、捕らえられました。巨人の王は最後の巨人となり、呪いを纏う者と対峙します。

f:id:yasaiprpr:20200212013519j:image

 隻腕だーーーー!!!

 

 

【隻狼】隻狼は無限に遊べるぞ【プレイ記録】

2019年に発売された「隻狼 shadows die twice」があまりに楽しく、色々なプレイをしたのでその記録として書いておく。考察じゃないよ!

 

1.隻狼年内100周チャレンジ改め年内107周チャレンジ

隻狼のボス戦(特に剣聖一心)があまりに楽しくひたすらに周回をしていたところ、気がついたら50周くらいしていたので「いっそ100周してしまえ」と始めた企画。

いかに早く、いかに楽に、いかに死なずにクリアするかを中心にプレイを突き詰めていく楽しさがあった。

使う義手忍具を吟味し、メニュー画面を開く回数を減らすなど、しょうもない試行錯誤が楽しかった。

参考になる人がいるかはわからないが、自分の攻略ルートを記しておく。

 

(本城まで一本道なので略)→ 水生村破戒僧→弦一郎→獅子猿→四猿→修羅一心

 

ここでポイントが、「火牛を倒した時点で本城の鬼仏が点く」ことである。

つまり火牛を倒した後に鬼仏に一つも触れなければ、帰り仏で直接本城に帰ることができるのだ。中ボス撃破で形代が15枚回復するので形代不足も問題ない。

計画が途中で「107周」となったのは、後述する「攻め力1カンスト攻略」で8周してしまったので、せっかくなら「煩悩の数だけ周回してしまえ」という理由である。しょうもない

 

どんどんボスが得意になっていく感覚は快感なのでオススメ度★★★★★

 

2.攻め力1カンスト苦難攻略

隻狼の周回を重ねていくうちに、一心が早く死んでしまうことに満足できなくなってしまったために始めた縛り。

縛り内容は「攻め力1以外はなんでもあり、使えるものは使う!」

攻め力1にすると、基本的に全ての攻撃、弾きが弱くなる。体力を4分の1程度にしてやっと体幹が目に見えて溜まるようになるほどである。

この縛りでまず辛かったのは、カンストである8周目まで周回しなければならないことである。しかしなんとか5周目にはおおよその戦い方を確立し、7周目では比較的楽にクリアできるようになっていた。

「意外と楽に終わりそうだな」

と甘く考えていた自分がいた。

 

8周目で御子様にお守りを渡していざゆかん。

まず鬼刑部で心が折れる。弦一郎すら強い。破戒僧なんて体幹で倒せないほど回復が早い。

 

剣聖一心を倒した時はあまりに嬉しくコントローラーを投げてしまい、とどめ忍殺を忘れて死んだ。(回生が残っていた)

 

攻め力1を行うにあたり大切なこと

「とにかく体力を削るべし」

攻め力1ではとにかく体幹が溜まらない。弦一郎などの弾き合いがメインの敵にはなかなか苦戦する。あえて弾かずステップして殴る、油を投げて火拭き筒で炎上させるなどの手段を開発する必要があった。

 

戦い方を新しく考える必要がありとても楽しいので、オススメ度★★★★★

 

3.形代縛りノーデス人返り攻略

某配信者がノーデス攻略をしていたので勝手に対抗して行った攻略。

1周目をプレイするのが久々だったので、攻略の順番を考えないと攻め力が足りずに失敗してしまうことがあった。

 

4時間もあれば終わるのでオススメ度★★★★★

 

4.攻め力1、身体力10、スキル無し、忍具なし苦難攻略

いわゆる初期ステータス攻略。1周目で行ったため、鬼刑部や火牛までは楽にクリアができた。

しかし後半は辛く、さらに忍具も使えないため以前の攻め力1の戦法は役に立たなかった。

スキル無しのため「見切り」を戦法に組み込んでいた敵には戦い方を改める必要があった。

身体力も10のため、ほぼノーダメージでクリアする必要があった。

 

攻め力1の最強戦法「油火吹き筒作戦」が使えず、新たに戦法考えるのが楽しかったのでオススメ度★★★★★

 

同じ縛りを完全ノーダメージでクリアしている人もいるから恐ろしい...

 

おわりに

ボス戦を何度も何度もしゃぶりつくせる最高なゲームなので隻狼は無限に遊べるぞ。